麻雀・あがりの基本

麻雀は、最初にバラバラに配られる13枚の麻雀牌に、ヤマからツモってきた麻雀牌1枚を加え、不要な麻雀牌を1枚捨てます。この作業を4人のプレイヤーが交互に繰り返していき、最終的に決められた形(並び)を目指します。この決められた形のことを「あがりの形」といい、あがりの形の基本は、アタマが1組とメンツが4つの組み合わせから成ります。


(1)配牌時に配られる13枚の麻雀牌はバラバラの状態です。

麻雀牌,サンワン麻雀牌,チーワン麻雀牌,スーソー麻雀牌,イーソー麻雀牌,キューピン麻雀牌,ウーソー麻雀牌,白麻雀牌,パーワン麻雀牌,リャンワン麻雀牌,東麻雀牌,パーソー麻雀牌,キューソー麻雀牌,北

(2)上のような状態から、1枚ツモり、1枚捨てるを繰り返しながら、アタマが1組とメンツが4つの組み合わせができるよう目指します。ただし例外もあります。

麻雀牌,イーソー麻雀牌,イーソー 麻雀牌,スーソー麻雀牌,ウーソー麻雀牌,ローソー 麻雀牌,リャンワン麻雀牌,サンワン麻雀牌,スーワン 麻雀牌,チーワン麻雀牌,パーワン麻雀牌,キューワン 麻雀牌,白麻雀牌,白麻雀牌,白
アタマ
(同じ図柄2枚)
メンツ(シュンツ)
(同種類の数牌の連続した並び)
メンツ(シュンツ)
(同種類の数牌の連続した並び)
メンツ(シュンツ)
(同種類の数牌の連続した並び)
メンツ(コーツ)
(同じ図柄3枚)

あがりの形には、どういう組み合わせを作るかによって、得点に差があります。あらかじめ決められた「あがりの形」のことを「役」といいます。役は難しい組み合わせであればあるほど、高い得点が付与されます。また役は、手牌の中に、1つだけでなく、複数の役を組み合わせることもでき、複数の役が組み合わされば、それだけ得点加算されます。

 

麻雀ルール / 麻雀牌について / 配牌について / あがりの基本 / ピンフ(平和) / タンヤオ / イーペーコー(一盃口)